ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

住まいと保険と資産管理 大阪北支部のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

今日はFP税理士の今一が担当いたします。


私がFPの資格を取ったのは、まだ税務署の国税調査官(公務員)をしていた平成13年の2月でした。

今気が付きましたが、もう16年がたっています。


公務員を退職し、FPのバックオフィス (株) 住まいと保険と資産管理と提携し、『住まいと保険と資産管理 大阪北支部』 としてFP活動の開始が、平成18年なので10年を超えました。


当時に比べれば、「ファイナンシャルプランナー」  「FP」 の認知度は上がったと感じています。

ただ誤解が大きいなと、感じることがまだまだあります。


お客さんの利益を考えずライフプランや総合的な判断を無視して金融商品を強引に売ろうとする人が、FPの名称を利用することがあるのも誤解を受ける一因と思います。


私自身がFPを再確認するためにも、少し今回考えてみます。


FPとは、「お客さんに寄り添い、生活とお金に関する幅広い相談を総合的に考え対応する専門家」と思っています。


私自身はこのことからぶれないことを意識して、相談を受けています。


生活と財産という幅広い内容ですが、お客さんのそばに寄り添い 総合的に考えることが重要と思っています。


そして、できるだけ相談のワンストップ化をはかるようにしたいと考えています。


必要におうじて適切に他の専門家の協力をえながらも、お客さんにより良い状態や不安が減るようになってもらえるようにと考えています。


日本FP協会の説明もご紹介します。


『人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。


ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。


これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です』


『FPは、相談者の夢や目標を達成するために、ライフスタイルや価値観、経済環境を踏まえながら、家族状況、収入と支出の内容、資産、負債、保険など、あらゆるデータを集めて、現状を分析します。


そして、相談者の立場や、ライフイベントを考慮したうえで、長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助します。


また、必要に応じて、弁護士や税理士、社会保険労務士、保険・不動産の専門家、銀行・証券会社などの各分野の専門家のネットワークを活かしながらファイナンシャル・プランニングを行います。』


ファイナンシャルプランナーについて、よく考えられた妥当な解説と思います。


FPとして皆様のお役に立てるように、当事務所は今後も活動していきたいと思っています。


(アメブロに掲載したものですが、当事務所のホームページに再掲しました)


大阪府高槻市のFP(株)住まいと保険と資産管理 大阪北支部

FP(ファイナンシャルプランナー)として主に大阪府の高槻市・茨木市・摂津市・吹田市・大阪市で相談業務を行っています。 FP税理士の今一 実と女性FPの田辺直子がFP相談を担当しています。 (株)住まいと保険と資産管理の大阪北支部として、ファイナンシャルプランナー相談・ライフプラン・生命保険・財産管理・住宅ローン相談など、不安を少しでも減らせるように活動しております。


住まいと保険と資産管理 大阪北支部

 ライフプラン作成・保険見直し・FP相談・住宅ローン相談

   FP: 今一 実 ・ 田邊 直子


今一実税理士事務所

 確定申告・税務相談・税金・相続・開業起業・節税・税務調査

(株)生活経営サポート

 相続FP相談 ・ 経営者 事業者 会社のためのFP税理士相談


  代表 今一 実

近畿税理士会 茨木支部(高槻・茨木・島本町)登録 税理士

CFP ・ 1級ファイナンシャルプランニング技能士

経営学修士 ・ 元 国税調査官 (税務署の公務員)

 大阪府高槻市天神町1丁目8-23-38 

 072-685-0353

0コメント

  • 1000 / 1000