大阪府高槻市のFP会社&今一実税理士事務所

記事一覧(27)

市民税決定通知書が届きはじめました

今日もご覧いただき、ありがとうございます。(株)住まいと保険と資産管理 大阪北支部のFP税理士 今一 がブログを担当いたします。他のブログ用に私が書いたものですが、お知らせのため再掲させていただきます。 市府(県)民税の決定通知を、もらわれたでしょうか。 会社員公務員の方の市府民税の決定通知書は、給与を払っている会社等に届きます。 市によって多少違いがありますが、私の事務所のある高槻市では、16日に届きました。 会社員や公務員など給与をもらっておられる方は、毎月の給与から天引きされ、会社を通して市民税・府(県)民税を払っておられます。 会社はこの決定通知書とともに送られてくる、個人ごとの市民税の天引き額の書いた通知書にもとづいて、6月から来年5月までの天引きを行います。 昨年平成29年分の所得で計算し、6月から新しい市民税の天引きが行われますので、金額が変わります。6月で端数調整するので、若干他の月より高くなっていることが多いです。 どのような所得や控除額があったかが、決定通知書に載っています。 基本的には、源泉徴収票や確定申告書に基づいて市役所が計算しています。 できましたら、少しは決定通知書の内容をご覧になったほうがいいと思います。 給与の税込金額や扶養控除、住宅ローン控除などはサッとご確認したほうがいいと思います。 特に ふるさと納税をされた方は、(寄附金)税額控除の欄に数字が入っているか、ご確認ください。 いちおう 通知書の見方が載っているページ↓を書いておきます。https://www.city.sano.lg.jp/komoku/zei/02/15-01.pdf 天引きなので、あまり税金を意識することがないかもしれませんが、たまにはどれぐらい払っているのか、ご確認をください。

住宅ローン情報(30年5月)

こんにちは。今日はFP(ファイナンシャルプランナー)・税理士事務所の上原がブログを担当いたします。 ゴールデンウィーク真っただ中ですね。前半はいいお天気が続いていましたが、後半は荒れた天気になるそうです。お出かけの際は、お気をつけください。 今月の住宅ローンの代表的な金利を、お知らせいたします。 当事務所は大阪府の高槻市にあるのですが、京都系の銀行や信用金庫も事務所の周辺にあります。 京都は住宅ローンの競争が激しいのか、使い勝手のいい点もあるので、京都銀行を参考に取り上げます。 今回ご紹介する住宅ローンの金利は、各銀行のインターネットで公開されている情報で、金利の優遇を最大に受けられた場合です。 どの銀行も金利引き下げ幅は、お借り入れ内容や審査結果によって変わります。それぞれ最下限金利になる条件には違いがあります。 ご参考にしていただければ幸いです。 ●みずほ銀行https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/housing/new_branch/plan/summary.html 変動(全期間重視プラン)   0.625% 10年固定(全期間重視プラン) 0.80% 30年固定(全期間固定プラン) 1.29% ●三菱東京UFJ銀行http://www.bk.mufg.jp/kariru/jutaku/yuuguu/ 変動   (全期間引下げプラン) 0.625% 10年固定(当初引下げプラン)  1.10% 30年固定(全期間引下げプラン) 1.39% ●住信SBIネット銀行https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/exp_loan_kinri_mr 変動 (通期引下げプラン) 0.457% 10年固定(通期引下げプラン) 1.15% 30年固定(当初引下げプラン) 1.29% ●京都銀行https://www.kyotobank.co.jp/kojin/campaign/kinriplan/index.html 変動               0.775% 10年固定(特約期間固定プラン) 1.00% 35年固定(全期間固定プラン)  1.20% (お知らせ)私どもの事務所では、住宅購入時の相談、ライフプラン表での住宅購入のシミュレーション、住宅ローンの借換相談など、ファイナンシャルプランナー(FP)業務として行っています。 住宅購入や売却時の税金についてのご相談も、税理士事務所としてお受けいたします。 また、住宅の購入や売却、相続をふまえた対策など、各専門家が必要なときには、最適な各専門家と一緒にお客様の不安解消のためサポートいたします。

住宅ローン情報(30年4月)

こんにちは。今日はFP(ファイナンシャルプランナー)・税理士事務所の上原がブログを担当いたします。 今月の住宅ローンの代表的な金利を、お知らせいたします。 当事務所は大阪府の高槻市にあるのですが、京都系の銀行や信用金庫も事務所の周辺にあります。 京都は住宅ローンの競争が激しいのか、使い勝手のいい点もあるので、京都銀行を参考に取り上げます。 今回ご紹介する住宅ローンの金利は、各銀行のインターネットで公開されている情報で、金利の優遇を最大に受けられた場合です。 どの銀行も金利引き下げ幅は、お借り入れ内容や審査結果によって変わります。それぞれ最下限金利になる条件には違いがあります。 ご参考にしていただければ幸いです。 ●みずほ銀行https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/housing/new_branch/plan/summary.html 変動(全期間重視プラン)   0.625% 10年固定(全期間重視プラン) 0.75% 30年固定(全期間固定プラン) 1.24% ●三菱東京UFJ銀行http://www.bk.mufg.jp/kariru/jutaku/yuuguu/ 変動   (全期間引下げプラン) 0.625% 10年固定(当初引下げプラン)  1.10% 30年固定(全期間引下げプラン) 1.39% ●住信SBIネット銀行https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/exp_loan_kinri_mr 変動 (通期引下げプラン) 0.457% 10年固定(通期引下げプラン) 1.12% 30年固定(当初引下げプラン) 1.26% ●京都銀行https://www.kyotobank.co.jp/kojin/campaign/kinriplan/index.html 変動               0.775% 10年固定(特約期間固定プラン) 1.00% 35年固定(全期間固定プラン)  1.20% (お知らせ)私どもの事務所では、住宅購入時の相談、ライフプラン表での住宅購入のシミュレーション、住宅ローンの借換相談など、ファイナンシャルプランナー(FP)業務として行っています。 住宅購入や売却時の税金についてのご相談も、税理士事務所としてお受けいたします。また、住宅の購入や売却、相続をふまえた対策など、各専門家が必要なときには、最適な各専門家と一緒にお客様の不安解消のためサポートいたします。

住宅ローン情報(30年3月)

こんにちは。今日はFP(ファイナンシャルプランナー)・税理士事務所の上原がブログを担当いたします。 今月の住宅ローンの代表的な金利を、お知らせいたします。 当事務所は大阪府の高槻市にあるのですが、京都系の銀行や信用金庫も事務所の周辺にあります。 京都は住宅ローンの競争が激しいのか、使い勝手のいい点もあるので、京都銀行を参考に取り上げます。 今回ご紹介する住宅ローンの金利は、各銀行のインターネットで公開されている情報で、金利の優遇を最大に受けられた場合です。 どの銀行も金利引き下げ幅は、お借り入れ内容や審査結果によって変わります。それぞれ最下限金利になる条件には違いがあります。 ご参考にしていただければ幸いです。 ●みずほ銀行https://www.mizuhobank.co.jp/loan/housing/new/shop/plan/index.html 変動(全期間重視プラン)   0.625% 10年固定(全期間重視プラン) 0.80% 30年固定(全期間固定プラン) 1.27% ●三菱東京UFJ銀行http://www.bk.mufg.jp/kariru/jutaku/yuuguu/ 変動   (全期間引下げプラン) 0.625% 10年固定(当初引下げプラン)  1.10% 30年固定(全期間引下げプラン) 1.39% ●住信SBIネット銀行https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/exp_loan_kinri_mr 変動 (通期引下げプラン) 0.457% 10年固定(通期引下げプラン) 1.12% 30年固定(当初引下げプラン) 1.26% ●京都銀行https://www.kyotobank.co.jp/kojin/campaign/kinriplan/index.html 変動      0.775% 10年固定   1.00% (お知らせ)私どもの事務所では、住宅購入時の相談、ライフプラン表での住宅購入のシミュレーション、住宅ローンの借換相談など、ファイナンシャルプランナー(FP)業務として行っています。 住宅購入や売却時の税金についてのご相談も、税理士事務所としてお受けいたします。 また、住宅の購入や売却、相続をふまえた対策など、各専門家が必要なときには、最適な各専門家と一緒にお客様の不安解消のためサポートいたします。

住宅ローン情報(30年2月)

こんにちは。今日はFP(ファイナンシャルプランナー)・税理士事務所の上原がブログを担当いたします。高槻市は冷たい雨が降っていますが、今日は全国的に広い範囲で雪が降る予報が出ています。積雪や凍結などには、くれぐれもお気をつけください。今月の住宅ローンの代表的な金利を、お知らせいたします。当事務所は大阪府の高槻市にあるのですが、京都系の銀行や信用金庫も事務所の周辺にあります。京都は住宅ローンの競争が激しいのか、使い勝手のいい点もあるので、京都銀行を参考に取り上げます。今回ご紹介する住宅ローンの金利は、各銀行のインターネットで公開されている情報で、金利の優遇を最大に受けられた場合です。どの銀行も金利引き下げ幅は、お借り入れ内容や審査結果によって変わります。それぞれ最下限金利になる条件には違いがあります。ご参考にしていただければ幸いです。●みずほ銀行https://www.mizuhobank.co.jp/loan/housing/new/shop/plan/index.html変動(全期間重視プラン)   0.625%10年固定(全期間重視プラン) 0.80%30年固定(全期間固定プラン) 1.27%●三菱東京UFJ銀行http://www.bk.mufg.jp/kariru/jutaku/yuuguu/変動   (全期間引下げプラン) 0.625%10年固定(当初引下げプラン)  1.10%30年固定(全期間引下げプラン) 1.39%●住信SBIネット銀行https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/exp_loan_kinri_mr変動 (通期引下げプラン) 0.457%10年固定(通期引下げプラン) 1.12%30年固定(当初引下げプラン) 1.26%●京都銀行https://www.kyotobank.co.jp/kojin/campaign/kinriplan/index.html変動      0.775%10年固定   1.00%(お知らせ)私どもの事務所では、住宅購入時の相談、ライフプラン表での住宅購入のシミュレーション、住宅ローンの借換相談など、ファイナンシャルプランナー(FP)業務として行っています。住宅購入や売却時の税金についてのご相談も、税理士事務所としてお受けいたします。また、住宅の購入や売却、相続をふまえた対策など、各専門家が必要なときには、最適な各専門家と一緒にお客様の不安解消のためサポートいたします。

住宅ローン情報(30年1月)

こんにちは。今日はFP(ファイナンシャルプランナー)・税理士事務所の上原がブログを担当いたします。 遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。 微力ではございますが、本年も皆さまのお役に立てますようお手伝いできたらと思っております。 どうぞよろしくお願いいたします。 今月の住宅ローンの代表的な金利を、お知らせいたします。 当事務所は大阪府の高槻市にあるのですが、京都系の銀行や信用金庫も事務所の周辺にあります。 京都は住宅ローンの競争が激しいのか、使い勝手のいい点もあるので、京都銀行を参考に取り上げます。 今回ご紹介する住宅ローンの金利は、各銀行のインターネットで公開されている情報で、金利の優遇を最大に受けられた場合です。 どの銀行も金利引き下げ幅は、お借り入れ内容や審査結果によって変わります。それぞれ最下限金利になる条件には違いがあります。 ご参考にしていただければ幸いです。 ●みずほ銀行https://www.mizuhobank.co.jp/loan/housing/new/shop/plan/index.html 変動(全期間重視プラン)   0.625% 10年固定(全期間重視プラン) 0.80% 30年固定(全期間固定プラン) 1.24% ●三菱東京UFJ銀行http://www.bk.mufg.jp/kariru/jutaku/yuuguu/ 変動   (全期間引下げプラン) 0.625% 10年固定(当初引下げプラン)  1.05% 30年固定(全期間引下げプラン) 1.36% ●住信SBIネット銀行https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/exp_loan_kinri_mr 変動 (通期引下げプラン)  0.457% 10年固定(通期引下げプラン) 1.12% 30年固定(当初引下げプラン) 1.26% ●京都銀行https://www.kyotobank.co.jp/kojin/campaign/kinriplan/index.html 変動      0.775% 10年固定   1.00% (お知らせ)私どもの事務所では、住宅購入時の相談、ライフプラン表での住宅購入のシミュレーション、住宅ローンの借換相談など、ファイナンシャルプランナー(FP)業務として行っています。 住宅購入や売却時の税金についてのご相談も、税理士事務所としてお受けいたします。 また、住宅の購入や売却、相続をふまえた対策など、各専門家が必要なときには、最適な各専門家と一緒にお客様の不安解消のためサポートいたします。

平成29年 今年もありがとうございました

年末のお忙しいところご覧いただき、ありがとうございます。今回はFP税理士の今一が担当いたします。株式会社 住まいと保険と資産管理 大阪北支部として、年末を迎え、このようにホームページに書くことができていることがうれしく、ありがたく思っています。ファイナンシャルプランナー(FP)を取り巻く環境が激変する中、無事一年の業務の終了を迎えることができることは、皆様のおかげと、たいへん感謝しております。今年は、(株)住まいと保険と資産管理 大阪北支部に田邊FPもくわわり2人体制で活動できました。このホームページも田邊FPが来てから開始しました。今年も地元 北摂(大阪府高槻市・茨木市・摂津市・吹田市・島本町)を中心に大阪や京都の方の相談が多かったです。内容的には、住宅購入にあってのライフプランや住宅ローン相談が多かったです。老後 セカンドライフや相続についてのご相談や保険相談などもありました。例年なら税理士業務の繁忙期で11月末から3月末までは、年末調整や確定申告で、ライフプラン作成などのFP相談をお受けすることができませんでした。2人体制のおかげで、今年11月・12月についてもFP相談をすることができました。年明けから確定申告が終わるまでも、ライフプランの作成や保険相談・住宅ローン相談などのFP業務については田邊FPとともに対応できるかなと思っております。できる限りFP相談も通年でやっていきたいと思います。来年平成30年についても、皆様のお役に少しでも立てるように活動していきます。今年一年 皆様にたいへんお世話になり   無事すごすことができました   ありがとうございました   来年も引き続き よろしくお願いいたします    良い年をお迎えください

住宅ローン情報(29年12月)

こんにちは。今日はFP(ファイナンシャルプランナー)・税理士事務所の上原がブログを担当いたします。 12月に入り、今年も残すところあと1か月となりました。 今月の住宅ローンの代表的な金利を、お知らせいたします。 当事務所は大阪府の高槻市にあるのですが、京都系の銀行や信用金庫も事務所の周辺にあります。 京都は住宅ローンの競争が激しいのか、使い勝手のいい点もあるので、京都銀行を参考に取り上げます。 今回ご紹介する住宅ローンの金利は、各銀行のインターネットで公開されている情報で、金利の優遇を最大に受けられた場合です。 どの銀行も金利引き下げ幅は、お借り入れ内容や審査結果によって変わります。それぞれ最下限金利になる条件には違いがあります。 ご参考にしていただければ幸いです。 ●みずほ銀行https://www.mizuhobank.co.jp/loan/housing/new/shop/plan/index.html 変動(全期間重視プラン)   0.625% 10年固定(全期間重視プラン) 0.80% 30年固定(全期間固定プラン) 1.22% ●三菱東京UFJ銀行http://www.bk.mufg.jp/kariru/jutaku/yuuguu/ 変動   (全期間引下げプラン) 0.625% 10年固定(当初引下げプラン)  1.05% 30年固定(全期間引下げプラン) 1.32% ●住信SBIネット銀行https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/exp_loan_kinri_mr 変動 (通期引下げプラン) 0.477% 10年固定(通期引下げプラン) 1.12% 30年固定(当初引下げプラン) 1.24% ●京都銀行https://www.kyotobank.co.jp/kojin/campaign/kinriplan/index.html 変動      0.775% 10年固定   1.00% (お知らせ)私どもの事務所では、住宅購入時の相談、ライフプラン表での住宅購入のシミュレーション、住宅ローンの借換相談など、ファイナンシャルプランナー(FP)業務として行っています。 住宅購入や売却時の税金についてのご相談も、税理士事務所としてお受けいたします。 また、住宅の購入や売却、相続をふまえた対策など、各専門家が必要なときには、最適な各専門家と一緒にお客様の不安解消のためサポートいたします。

年金

こんにちは。今日は、FP田邊がブログを担当いたします。今月は「ねんきん月間」って、ご存知でしたか?期間中は、全国各地の市・区役所や大学、商業施設などで、年金事務所職員の方が出張年金相談を行うそうです。ちなみに11月30日は「年金の日」ということで、ご自身の年金記録や公的年金の受給見込み額を確認していただき、老後の生活設計に思いを巡らしていただくことを目的とされているそうです。※ご参考ホームページ『日本年金機構』http://www.nenkin.go.jp/service/nenkingekkan/gaiyou/2017.html『厚生労働省』http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000052617.html老後に公的年金はいくらくらい受け取れる?よくある質問です。ご自身が将来受け取れる年金受給見込額を把握されている方は多くはないように思います。個人の年金について調べる方法として、「ねんきん定期便」と「ねんきんネット」の二つがあります。「ねんきん定期便」は毎年1回誕生日月に届きますが、年齢によって異なる点があり、・50歳未満の人 これまで実際に収めた保険料に応じた年金見込額・50歳以上の人 現在の加入状況を60歳まで継続した場合の年金見込額となっていますので、50歳未満の人は、ねんきん定期便だけでは将来の見込額は分かりません。「ねんきんネット」では、最新の年金加入状況から年金見込額まで、インターネットでいつでも確認できます。また、追納・後納が可能な国民年金保険料も確認できますので、便利ですね。ねんきんネットを利用するには、利用登録が必要となります。日本年金機構のホームページから、簡単に登録できますので、お勧めです。現時点での年金受給見込額を知ったところで、将来受け取れるとは限らない、というご意見も聞くことがあります。もちろん、見込額なので、保障されている金額ではありません。今後の加入状況や経済の状況など、様々な要因で変化しますが、あくまで目安であっても、現時点での見込額を把握することは、老後の生活設計を考える上でとても大切なことだと思います。また、公的年金制度は老後の年金だけではなく、いざというときの障害年金や遺族年金の制度もありますので、この機会にご自身の年金加入状況、将来の受取見込額など、ご確認されてはいかがでしょうか。(アメブロに掲載したものですが、当事務所のホームページに再掲しました)

住宅ローン情報(29年11月)

こんにちは。今日はFP(ファイナンシャルプランナー)・税理士事務所の上原がブログを担当いたします。 今月の住宅ローンの代表的な金利を、お知らせいたします。 当事務所は大阪府の高槻市にあるのですが、京都系の銀行や信用金庫も事務所の周辺にあります。 京都は住宅ローンの競争が激しいのか、使い勝手のいい点もあるので、京都銀行を参考に取り上げます。 今回ご紹介する住宅ローンの金利は、各銀行のインターネットで公開されている情報で、金利の優遇を最大に受けられた場合です。 どの銀行も金利引き下げ幅は、お借り入れ内容や審査結果によって変わります。それぞれ最下限金利になる条件には違いがあります。 ご参考にしていただければ幸いです。 ●みずほ銀行https://www.mizuhobank.co.jp/loan/housing/new/shop/plan/index.html 変動(全期間重視プラン)   0.625% 10年固定(全期間重視プラン) 0.80% 30年固定(全期間固定プラン) 1.22% ●三菱東京UFJ銀行http://www.bk.mufg.jp/kariru/jutaku/yuuguu/ 変動   (全期間引下げプラン) 0.625% 10年固定(当初引下げプラン)  1.05% 30年固定(全期間引下げプラン) 1.32% ●住信SBIネット銀行https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/exp_loan_kinri_mr 変動(通期引下げプラン)   0.477% 10年固定(通期引下げプラン) 1.12% 30年固定(当初引下げプラン) 1.25% ●京都銀行https://www.kyotobank.co.jp/kojin/campaign/kinriplan/index.html 変動   0.775% 10年固定 1.00% (お知らせ)私どもの事務所では、住宅購入時の相談、ライフプラン表での住宅購入のシミュレーション、住宅ローンの借換相談など、ファイナンシャルプランナー(FP)業務として行っています。 住宅購入や売却時の税金についてのご相談も、税理士事務所としてお受けいたします。 また、住宅の購入や売却、相続をふまえた対策など、各専門家が必要なときには、最適な各専門家と一緒にお客様の不安解消のためサポートいたします。

ふるさと納税

こんにちは。今日は、FP田邊がブログを担当いたします。もう来週からは11月に入り、今年もあと2ヶ月。早いですね。ふるさと納税も早くしなければと、毎年この時期に思い出して、年末更に慌てたりしています。「ふるさと納税」とは、納税という言葉がついていますが、実際には寄付制度の一環としてスタートした、都道府県、市区町村への「寄付」です。自分の選んだ自治体に寄付(ふるさと納税)を行った場合に、寄付額のうち自己負担額の2,000円を越える部分について、所得税と住民税から控除される制度です。控除されるふるさと納税額には、収入と家族構成などなどによって上限額がありますので、総務省のホームページ等で目安額や注意事項等を確認されるとよいと思います。『総務省』http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html2008年にスタートした制度ですが、2015年には上限額が約2倍になり、それまでは必要だった確定申告が不要の「ふるさと納税ワンストップ特例制度」(要件があります)ができたりと、更に利用しやすくなってきています。実質の負担額が2,000円で、全国の特産品などから選べて送っていただけるなんて、とてもお得な制度ですよね。私はせっかくなので、年末に向けて普段は買わないような食材を選んだりしています。その地域の名所を写した来年のカレンダーを付けてくれた自治体もあって、嬉しいですね。実際の利用方法については、直接自治体のホームページからでも、最近では、ふるさと納税を専門に扱っているサイトも多く、分かりやすく選びやすくなってきているように感じます。『ふるさとチョイス』https://www.furusato-tax.jp/また、どうしても返礼品に注目しがちですが、自分が応援したい地域へ寄付すること、そして、寄付金の使い道も確認した上で、ふるさと納税をすることも大切なことだと思います。(アメブロに掲載したものですが、当事務所のホームページに再掲しました)